ぼくが世の中に学んだこと

鎌田慧 著

故郷弘前の高校を卒業後、東京の小さな工場や印刷所で働くも、あこがれの都会生活とは程遠く、食うに事欠く低賃金。しかし、苦しいながらも温かさを失わぬ人びととの出会いが、著者を社会の仕組みに気づかせていく。労働現場に身をおき、働く人の目線から、企業・国家を告発するルポを著してきた著者が、今また露骨な収奪が復活した時代に、若い人へのメッセージを込め送る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世の中に出て
  • 鉄の町へ
  • ベルトコンベアの前で
  • 出稼ぎ労働者に学ぶ
  • ぼくたちの生きる社会
  • 解説対談 どん底からの反撃(雨宮処凛
  • 鎌田慧)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくが世の中に学んだこと
著作者等 鎌田 慧
書名ヨミ ボク ガ ヨノナカ ニ マナンダ コト
書名別名 Boku ga yononaka ni mananda koto
シリーズ名 岩波現代文庫 社会
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.5
ページ数 243p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-603166-4
NCID BA85863778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想