二十世紀フランス小説

ドミニク・ラバテ 著 ; 三ツ堀広一郎 訳

プルーストからペレックやトゥーサン、そして日本では未邦訳の作家にいたるまで一挙に紹介。個々の作品の出自と背景、作品どうしの相互関係を解説しつつ、小説というジャンルの特異性と絶えざる変容をあきらかにする。読書の愉しみを倍増させる、頼れる読書案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 小説の野心
  • 危機のジャンル(一九〇〇〜一九一三年)
  • 第1部 戦争から戦争(一九一四〜一九四〇年)(全体作品(時間と小説)
  • 詩的レシ
  • 決定論と自由のあいだで
  • 現代の心的外傷)
  • 第2部 刷新?異議申し立てと探究(一九四〇〜一九六八年)(モラルと小説形式
  • 出来事の危機
  • ヌーヴォー・ロマン)
  • 第3部 物語使用法(一九六八〜一九九七年)(寓話、探索、捜索
  • 伝記(自伝)の空間
  • 形式主義と発明)
  • 読者について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二十世紀フランス小説
著作者等 Rabaté, Dominique
三ツ堀 広一郎
Rabat'e Dominique
三ッ堀 広一郎
ラバテ ドミニク
書名ヨミ ニジッセイキ フランス ショウセツ
書名別名 Le roman francais depuis 1900
シリーズ名 文庫クセジュ 924
出版元 白水社
刊行年月 2008.5
ページ数 158, 15p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50924-1
NCID BA85856819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21439063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想