世界システムと東アジア : 小経営・国内植民地・「植民地近代」

今西一 編

「植民地主義」はいまだに存在し続けている!東アジアにおける小経営・植民地近代の問題に焦点をあて、世界システム論と東アジア論の相克の中で新しい東アジア史像を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世界システムと東アジア-小経営・国内植民地・「植民地近代」
  • 第1部 貨幣論と小農論(アジア・アフリカ史発の貨幣経済論
  • 日本小農論のアポリア-小農の土地所有権要求をどう評価するか)
  • 第2部 近代日本の家族と小経営(近代日本の小農と家族・村落
  • 近代日本における中小工業の成長条件-研究史の論点整理を中心に)
  • 第3部 国内植民地(帝国日本と国内植民地・北海道
  • アイヌ民族共有財産裁判「歴史研究者の意見書」
  • 琉球史をめぐる論点と実践)
  • 第4部 「植民地近代」論争(朝鮮における「19世紀の危機」
  • 「植民地近代化」再論
  • 韓国における近代的経済成長)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界システムと東アジア : 小経営・国内植民地・「植民地近代」
著作者等 今西 一
書名ヨミ セカイ システム ト ヒガシアジア : ショウケイエイ コクナイ ショクミンチ ショクミンチ キンダイ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2008.5
ページ数 268p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-1993-1
NCID BA85854631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21437155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想