「知」の方法論

岩崎美紀子 著

学生たちは訓練次第で素晴らしい成長を遂げることがある。知る、考える、書く。それぞれの作法を体系的に身につければ、「知的生産の楽しみ」が分かるようになる。その方法論を、著者が大学のゼミで蓄積してきた論文指導の経験をもとに書き下ろす。学生のみならず社会人にも必要な「考える力」「伝える力」を鍛えるために。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「考える」トレーニング(「考える」レベル
  • 考える力の構成要素
  • 問題の3つの立て方 what、why、how to-メソッド1
  • 抽象の階段-メソッド2
  • なぜなぜチェーン-メソッド3
  • ビジネス応用編「考える力」)
  • 第2部 「書く」トレーニング(書く前に
  • リサーチデザイン-研究の設計書
  • 論文を書く
  • 論文を評価する)
  • 第3部 実践編-私はこうして論文が書けました

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「知」の方法論
著作者等 岩崎 美紀子
書名ヨミ チ ノ ホウホウロン : ロンブン トレーニング
書名別名 論文トレーニング
シリーズ名 岩波テキストブックスα
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.5
ページ数 185p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-028049-5
NCID BA85826115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21440070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想