上代支那正楽考 : 孔子の音楽論

江文也 著

孔子はミュージシャンだった!台湾に生まれ日本で活躍し中国に没した作曲家が中国の礼楽思想の再興を唱えた幻の書の復刻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説(「楽」の文化的特殊性
  • 非天子 不議礼 不作楽)
  • 本論(孔子以前の「楽」に関する一試論
  • 孔子の「楽」について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上代支那正楽考 : 孔子の音楽論
著作者等 坂田 進一
江 文也
片山 杜秀
書名ヨミ ジョウダイ シナ セイガクコウ : コウシ ノ オンガクロン
書名別名 Jodai shina seigakuko
シリーズ名 東洋文庫 774
出版元 平凡社
刊行年月 2008.5
ページ数 389p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80774-5
NCID BA85811796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21445793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想