フランスものしり紀行

紅山雪夫 著

フランス。それはヨーロッパで最も魅力的な国。その歴史を詳しく知れば、旅の感動は何倍にも膨らみます。城壁の名残でたどる、パリの成り立ち。修道院から牢獄になったモン・サン・ミッシェル。美しい風光の中に、数多の物語を秘めて建つロワールの城々。中世の雰囲気を残すカルカソンヌ…。ロマンに満ちたフランスの町々へ、さあボン・ヴォワヤージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 パリ(シテ島
  • セーヌ川の左岸 ほか)
  • 2 ノルマンディー(ガイヤール城とルーアン、オンフルール
  • カーンとバイユー ほか)
  • 3 ロワールの城めぐり(カペー家とプランタジネット家の歴史を追って
  • トゥールとその近辺 ほか)
  • 4 プロヴァンスとラングドック(アルルとその近辺
  • レ・ボーとその近辺 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスものしり紀行
著作者等 紅山 雪夫
書名ヨミ フランス モノシリ キコウ
書名別名 フランスの城と街道
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.5
ページ数 348p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-104327-2
NCID BA85804644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21415090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想