観光化する社会 : 観光社会学の理論と応用

須藤廣 著

[目次]

  • 第1章 観光と再魔術化する世界
  • 第1章補論 戦前の別府と温泉観光地の近代
  • 第2章 難民が観光資源となるとき-在タイミャンマー難民カヤン族の観光化
  • 第2章補論 観光とジェンダー・エスニシティ
  • 第3章 癒しの里のフレームワーク-由布院温泉住民の観光地解釈フレームをめぐって
  • 第4章 まちの再魔術化と住民の意識-北九州市門司港地区住民の意識調査から
  • 第5章 バックパッカー・ツーリズムのパラドクス
  • 第6章 エピローグ-ツーリズムの困難とモロカイ島の選択

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光化する社会 : 観光社会学の理論と応用
著作者等 須藤 廣
書名ヨミ カンコウカスル シャカイ : カンコウ シャカイガク ノ リロン ト オウヨウ
書名別名 The tourization of society
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2008.5
ページ数 192p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0256-9
NCID BA85782213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21436174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想