凶暴両親

成松哲 著

児童虐待や育児放棄、モンスターペアレントなど頻繁にメディアを賑わす「親」の諸問題。だが、実際に親はそこまで凶暴化しているのだろうか?また、学校や行政、そしてメディアが紡ぐ言説は現在どうなっているのか?混迷する教育事情を相手取り、多くの調査や取材を通じて、問題の数々を暴き出し、親の役割を問い直す一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本当に保護者は凶暴になっているのか?(置き去りにされた子ども
  • 今のトレンドは心理的児童虐待 ほか)
  • 第2章 メディアがモンスターペアレントを作ったのか?(メディアが騒ぐ「モンスターペアレント」は、どこにいる?
  • モンスターペアレントが頭を下げれば教育の勝利!? ほか)
  • 第3章 学校はどのように保護者と接しているのか?(学校を開いたらクレームが押し寄せた
  • 地域・家庭の悩みも学校が解決する時代 ほか)
  • 第4章 クレーマーのような保護者の存在が語られる背景には何があるのか?(4タイプの「凶暴」な保護者
  • 彼らはなぜ「凶暴」になったのか? ほか)
  • 第5章 学校、そして子どもと保護者はどう向き合えばいいのか?(モンスターペアレント予防の処方せんはナシ!?
  • 勘違いはモンスターペアレントのはじまり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凶暴両親
著作者等 成松 哲
書名ヨミ キョウボウ リョウシン
書名別名 Kyobo ryoshin
シリーズ名 ソフトバンク新書
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2008.4
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-4589-6
NCID BA85781695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21408881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想