東洋的な生きかた : 無為自然の道

小坂国継 著

古来より東洋には、人間の生きかたについて西洋とは幾分異なった理想像があった。それは、一言で言えば、「無為自然」である。そこには、自己の作為や分別を否定して自然に従うという共通した価値観が見られる。しかし、同じく「無為自然」といっても、その内容は各々の思想家によって微妙に異なってくる。また、同じく作為を否定し、分別を否定するといっても、その中身はまったく同じであるというわけではない。そして、そこに各々の思想家の個性と主体性が見られる。本書では、その点を各思想家にあたって詳しく考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東洋的な生きかた
  • 第1部 老荘思想と無為自然(老子における道と自然
  • 荘子における無為自然
  • 荘子の斉同論
  • 荘子の生死観)
  • 第2部 日本的な生きかた(親鸞における自然と法爾
  • 道元における自己と自然
  • 良寛における無為と遊戯
  • 良寛と荘子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東洋的な生きかた : 無為自然の道
著作者等 小坂 国継
書名ヨミ トウヨウテキナ イキカタ : ムイ シゼン ノ ミチ
シリーズ名 Minerva 21世紀ライブラリー 86
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.5
ページ数 256, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05139-7
NCID BA85776083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想