消え去ったアルベルチーヌ

プルースト 著 ; 高遠弘美 訳

プルーストが生涯をかけて執筆し、20世紀最高の文学と評される『失われた時を求めて』。本書は"大伽藍"とも形容される超大作の第六篇にあたり、シリーズを通じての主要登場人物アルベルチーヌと、語り手である「私」の関係に結末をつける、重要な一篇である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消え去ったアルベルチーヌ
著作者等 Proust, Marcel
高遠 弘美
プルースト マルセル
書名ヨミ キエサッタ アルベルチーヌ
書名別名 Albertine disparue

Kiesatta aruberuchinu
シリーズ名 光文社古典新訳文庫
出版元 光文社
刊行年月 2008.5
ページ数 374p 図版4p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75156-2
NCID BA85773110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21424761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想