うつ病の真実

野村総一郎 著

あれもこれもうつ病?-まかりとおる安易な解釈・診断・治療を諌め、この病気の本質を捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あれもこれもうつ病?-蔓延する安直な理解
  • 進化生物学からみたうつ病の意味(その1)-ユウウツになるのは「新たな生き方」を導くため
  • 進化生物学からみたうつ病の意味(その2)-「内の秩序」と「外の秩序」の相克
  • ギリシャ悲劇にみるうつ病(その1)-アイアス将軍の「気の病い」
  • ギリシャ悲劇にみるうつ病(その2)-現代社会との共通項
  • 古代ギリシャ哲学・医学のうつ病観-うつ病を真正面から論じた最初の学者アリストテレス
  • 旧約聖書にみるうつ病-うつ病治療・予防の手引として読めるヨブ記
  • 意識の誕生とうつ病の発生-ジェインズの理論とユウウツ・うつ病
  • ローマ時代からルネサンス期に至るうつ病-身体的病理を連想させたメランコリー
  • メランコリーから躁うつ病へ-クレペリンの登場
  • 現代的うつ病概念の完成-「双極か単極か」「内因か外因か」
  • 操作的診断の登場とうつ病観の変質-アメリカ流グローバル・スタンダード
  • 操作的診断の問題点-多軸診断でうつ病を定義しうるのか
  • 病前性格論と双極【】ペクトラム概念-躁うつ病とうつ病との関係の再考
  • うつ病治療の発展(1)体質論と精神療法の歴史
  • うつ病治療の発展(2)薬物療法の歴史
  • うつ病の化学-モノアミンを超えて
  • 細胞のストレス反応とうつ病の正体-セロトニンの奥深くにあるもの
  • うつ病の真実は見えてきたか-歌条活動とうつ病

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うつ病の真実
著作者等 野村 総一郎
書名ヨミ ウツビョウ ノ シンジツ
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.4
ページ数 290p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-56265-3
NCID BA85763332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21414597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想