大都市郊外の変容と「協働」

大江守之, 駒井正晶 編

戦後日本の家族システムの変容に伴い、郊外地域では市場的・行政的解決の難しい問題が出現している。新しい「協働的解決」の枠組みを提示するとともに、問題解決への視座を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大都市郊外地域における家族・コミュニティ変容と「弱い専門システム」の構築
  • 第2章 東京圏における郊外化と郊外住民の人口学的特性
  • 第3章 東京圏郊外の世代間関係と世代交代
  • 第4章 東京圏郊外地域の変容と空き家の増加
  • 第5章 大都市郊外におけるコミュニティ・ケアの仕組みづくり-横浜市地域ケアプラザ地域交流事業の実態分析を通して
  • 第6章 「弱い専門システム」としてのコミュニティ・カフェ-横浜市戸塚区ドリームハイツ「ふらっとステーション・ドリーム」を事例として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大都市郊外の変容と「協働」
著作者等 大江 守之
駒井 正晶
書名ヨミ ダイトシ コウガイ ノ ヘンヨウ ト キョウドウ : ヨワイ センモン システム ノ コウチク ニ ムケテ
書名別名 〈弱い専門システム〉の構築に向けて
シリーズ名 SFC総合政策学シリーズ / 梅垣理郎, 大江守之, 岡部光明, 厳網林, 國領二郎, 小島朋之, 駒井正昌, 平高史也, 深谷昌弘 編
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2008.4
ページ数 181p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1520-9
NCID BA85761814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21414140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想