ねじれ : 医療の光と影を越えて

志治美世子 著

追い詰められる医療従事者たち、不運な患者、知らされない家族は「すくみあう現実」&「立ち去り型サボタージュ」とどう向き合ったか?隣の病院で始まった"人間復興"の闘い。第5回開高健ノンフィクション賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 娘はなぜ死んだのか?
  • 第2章 ある医師の決断
  • 第3章 医師・患者・報道、「ねじれ」の構造
  • 第4章 花束の伝えたもの
  • 第5章 追い詰められた小児科医
  • 第6章 それからを生きる
  • 第7章 医療の光と影を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ねじれ : 医療の光と影を越えて
著作者等 志治 美世子
書名ヨミ ネジレ : イリョウ ノ ヒカリ ト カゲ オ コエテ
出版元 集英社
刊行年月 2008.5
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-08-781393-7
NCID BA85758784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21425312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想