子どものためのカント

ザロモ・フリートレンダー 著 ; 長倉誠一 訳

本書では、カントが使った専門用語はほとんど使われていない。たとえば、「超越論的」という形容詞は全く登場しない。「カテゴリー」も、「統覚」もない。「ア・プリオリ」も「ア・ポステリオリ」もない。だがカント哲学への導入としては過不足のない立派なものである。驚くべきことではないか。専門用語を使わずに十二分にカント哲学を、しかもなぞっているのではなく、立体化しているのだ。具体的に全体のイメージまで提示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何を行なうべきなのか
  • 第2章 何を希望することが許されるのか
  • 第3章 何を知ることができるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どものためのカント
著作者等 Friedlaender, Salomo
長倉 誠一
フリートレンダー ザロモ
書名ヨミ コドモ ノ タメノ カント
書名別名 Kant fur Kinder
出版元 未知谷
刊行年月 2008.4
ページ数 167p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89642-228-3
NCID BA85750294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21414068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想