動物たちの日本史

中村禎里 [著]

埴輪の時代から現代にいたるまで、日本人と動物とのかかわりをずっと研究してきた著者。本書では日本人の動物観に影響を与えたさまざまな史実や文学作品を広く渉猟する。さらに、河童伝説の地を訪ね九州へ、あるいはタヌキとキツネの関係を探りに佐渡へと、足をのばす。日本のなつかしい風土へのレクイエムともいえるエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人の動物観を探る
  • 古代中世史のなかの動物たち
  • 異郷に住む動物たち
  • 固有名詞を持った動物たち
  • 徳島県のタヌキ祠
  • 佐渡タヌキの旅
  • 佐渡の狢信仰
  • ウマの神性と魔性
  • ネズミの伝説・民話
  • 鳥の妖怪
  • ムシの戦い
  • 江戸時代の動物妖怪
  • 西鶴と動物・器物の妖怪
  • 筑後 河童の旅
  • 筑豊 河童の旅
  • 鏡花と潤一郎 狐の影
  • 芥川の河童
  • 宮澤賢治の動物観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物たちの日本史
著作者等 中村 禎里
書名ヨミ ドウブツタチ ノ ニホンシ
書名別名 Dobutsutachi no nihonshi
出版元 海鳴社
刊行年月 2008.4
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87525-250-4
NCID BA8574486X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21514280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想