教育的思考の作法  1

小笠原 道雄;伴野 昌弘;渡邉 満【編】

[目次]

  • 1 教職における教育的思考の基本(教育的責任の構造と課題
  • 教師にとって何故「教育目的・目標」が必要なのか-教育目的・目標論
  • 教職と教育史との対話
  • 現代における教育と自由への自己形成-「こころの時代」にフーコーを読む)
  • 2 新しい時代の「教職」のあり方(教職大学院制度の樹立-教師教育の現状と課題
  • 生涯学習時代における教師の資質
  • 市民的公共性との対話-土佐の教育改革「開かれた学校づくり」の事例から)
  • 3 教育空間・子どもの居場所・学校(教育空間としての学校
  • 子どもの居場所の教育人間学-自己形成を生み出す時空間
  • 不登校「問題」から学校の自明性を問う)
  • 4 教師の実践例(「教育的思考」の実践例-教師志望Kくんへのメッセージ
  • 学習世界のリハビリテーション-学習のゼロ点をめぐって
  • 教師の倫理を考える)
  • 5 教師の基本的資質(「教育愛」におけるエロースとアガペー-その統合性を求めて
  • 「道徳教育」を担う教師
  • 教育とユーモア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育的思考の作法
著作者等 伴野 昌弘
小笠原 道雄
渡邉 満
渡邊 満
書名ヨミ キョウイクテキ シコウ ノ サホウ
書名別名 教職概論

Kyoikuteki shiko no saho
巻冊次 1
出版元 福村
刊行年月 2008.3
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-571-10141-0
NCID BA85740916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21488542
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想