漢字の未来

野村雅昭 著

日本語は、漢字からのがれることは、できないのだろうか?漢字にたよらない日本語によって、よりひらかれた、ことばをめざすにはどうすればよいのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漢字はなぜ日本語で問題となるか(古代日本語と漢字のであい
  • 漢字の日本語への定着 ほか)
  • 第2章 現代日本語の漢字の機能(漢字使用の実態
  • 文字の位置 ほか)
  • 第3章 これからの日本語と漢字(常用漢字表の役割
  • 表記の伝統と規範 ほか)
  • 付章 21世紀の漢字論(漢字に未来はあるか
  • 正書法と漢字 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の未来
著作者等 野村 雅昭
書名ヨミ カンジ ノ ミライ
書名別名 Kanji no mirai
出版元 三元社
刊行年月 2008.4
版表示 新版.
ページ数 317p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88303-078-1
NCID BA85736690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21519394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想