東アジアの持株会社

下谷政弘 編著

近年熾烈さを増すグローバル競争の中で、東アジア各国の大企業は「国際競争力の涵養」をスローガンに、企業統合と企業組織再編戦略の梃子として持株会社を活用しはじめた。本書は、経済発展のステージを異にする東アジア各国の持株会社の実態を実証的に明らかにすることによって、近年の経済的興隆の原因の一端を照射する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の持株会社問題
  • 第2章 韓国財閥と持株会社
  • 第3章 韓国の金融構造改革と金融持株会社
  • 第4章 「持株会社天国」としての中国-市場経済化のなかの国有持株会社の役割
  • 第5章 中国企業の組織再編と持株会社
  • 第6章 台湾の金融持株会社-金界再編とファミリー・ビジネスの拡大

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの持株会社
著作者等 下谷 政弘
書名ヨミ ヒガシアジア ノ モチカブ ガイシャ
書名別名 Higashiajia no mochikabu gaisha
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 137
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.5
ページ数 244p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05141-0
NCID BA85732951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21429659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想