二十世紀中国の革命と農村

田原史起 著

中国社会にとって革命とは何だったのか。現在の中国農村に社会主義の経験は何をもたらしたのか。二十世紀を中心とする約一〇〇年間のスパンをもって、中国革命と社会主義建設の推進された農村の現場に目線を据えながら、国家と社会の狭間にあって両者を媒介した「農村リーダー」たちの変遷をたどってみた。彼らを取り巻く栄光と挫折、自由と制約、連帯と孤立は、時代を通じてどのように移り変わってきたのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 農村リーダーから「革命」をみる
  • 1 革命前夜のゆるやかな農村統治
  • 2 近代化の始動と郷紳
  • 3 躍進する革命途上のニュー・リーダー
  • 4 人民公社リーダーと「自由の隙間」
  • 5 多元化する改革期の農村リーダー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二十世紀中国の革命と農村
著作者等 田原 史起
書名ヨミ ニジュッセイキ チュウゴク ノ カクメイ ト ノウソン
シリーズ名 世界史リブレット 124
出版元 山川出版社
刊行年月 2008.4
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34962-9
NCID BA85729731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21428539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想