真実のルイ14世 : 神話から歴史へ

イヴ=マリー・ベルセ 著 ; 阿河雄二郎, 嶋中博章, 滝澤聡子 訳

「朕は国家なり」。華やかな宮廷生活と数々の侵略戦争、強権的支配体制の確立。絶対君主の代名詞ともいえる王が、実はフランス革命の先駆者だった?歴史家が明らかにする、太陽王の仮面に隠されたルイ14世の素顔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ルイ14世その人物像(宮廷は滑稽極まりないところだった
  • ルイ一四世には多くの愛人がいた
  • ルイ一四世はモリエールをまったく理解しなかった
  • 「年老いたルイ一四世はマントノン夫人の言いなりだった」
  • 「ルイ一四世は身体を洗ったことがなかった」
  • 「ルイ一四世には、鉄仮面で顔を隠した双子の兄弟がいた」)
  • 第2部 ルイ14世時代の諸事件(ルイ一四世は最初の絶対君主だった
  • フーケの処罰は不公平極まりないものだった
  • ルイ一四世はナントの勅令を廃止すべきではなかった
  • 「ルイ一四世は戦争を愛しすぎた」)
  • 第3部 ルイ14世の遺産(太陽王の栄光の陰には、農民の悲惨さがある
  • ルイ一四世はフランスにその自然国境を与えた
  • ルイ一四世はフランス革命の先駆者である
  • 「ヴェルサイユの建設工事が国を滅ぼした」)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 真実のルイ14世 : 神話から歴史へ
著作者等 Bercé, Yves Marie
嶋中 博章
滝澤 聡子
阿河 雄二郎
Berc'e Yves‐Marie
ベルセ イヴ=マリー
書名ヨミ シンジツ ノ ルイ 14セイ : シンワ カラ レキシ エ
書名別名 Louis 14

Shinjitsu no rui 14sei
出版元 昭和堂
刊行年月 2008.4
ページ数 211, 15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8122-0801-4
NCID BA85726187
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想