越境の人類学 : 在日パキスタン人ムスリム移民の妻たち

工藤正子 著

[目次]

  • 序章 外国人ムスリムとの結婚-もう一つの「越境」への人類学的アプローチ
  • 第1章 夫たちの来日-国を離れる力とつなぎ止める力
  • 第2章 出会いから結婚へ-「妻」となるプロセス
  • 第3章 男性のネットワーク形成とジェンダー規範の再構築
  • 第4章 ムスリムとしての自己覚醒
  • 第5章 「本来のイスラーム」という地平
  • 第6章 「日本人ムスリム」としての自己の再定義
  • 第7章 国境を越える家族
  • 終章 現代日本における女性たちの越境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境の人類学 : 在日パキスタン人ムスリム移民の妻たち
著作者等 工藤 正子
書名ヨミ エッキョウ ノ ジンルイガク : ザイニチ パキスタンジン ムスリム イミン ノ ツマタチ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.4
ページ数 320p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-056303-1
NCID BA85723644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21456754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想