現代アートビジネス

小山登美夫 著

アンディ・ウォーホルの作品に80億円もの高値が付くのはなぜか?世界の富が現代アートに集まる今、「作品の価値」に基づいた健全なマーケットこそが、芸術文化の底力となる-。種も仕掛けもあるアートビジネスの世界を、奈良美智、村上隆を世に出したギャラリストがすべて教えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誰も見たことのないものに価値を見出す-ギャラリストの仕事(日本橋に生まれた酒屋の息子、ジャスパー・ジョーンズに射抜かれる
  • 学ラン、自転車で巡るアートシーン-1970〜80年代 ほか)
  • 第2章 村上さんと奈良さん-アーティストはどこにいる?(村上隆のマネはするな!
  • きっかけは、「プレスを紹介してくださいよ」 ほか)
  • 第3章 アートの価値はどう決まる-投資を考えている人へ(一点五三億円の絵画は高いか、安いか
  • 「楽しみ」の耐久消費年数 ほか)
  • 第4章 マーケットを動かすのはコレクター-アートを買ってみる(アートは美術館で見るだけのもの?
  • 潜在的なマーケットを発掘するために ほか)
  • 第5章 日本をアート大国に-アートビジネスの展望(日本は世界屈指のアート需要国
  • メディアに携わる人に-批評が仕切る、金と権力 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代アートビジネス
著作者等 小山 登美夫
書名ヨミ ゲンダイ アート ビジネス
書名別名 Gendai ato bijinesu
シリーズ名 アスキー新書
出版元 アスキー・メディアワークス : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.4
ページ数 195p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-870002-3
NCID BA85720362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21411189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想