ケアその思想と実践  2 (ケアすること)

上野千鶴子, 大熊由紀子, 大沢真理, 神野直彦, 副田義也 編

ケアワーカーの労働や待遇の実態、仕事のやりがい、ケア現場のジェンダー規範、虐待や身体拘束、感情労働やストレスの問題。認知症ケアの難しさ、コミュニティ・ケアの理想と現実-ケアワークがはらむ様々な問題を浮き彫りにし、ケアワークの専門性とは何かを改めて問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ケアすることとは-介護労働論の基本的枠組
  • 介護の専門性
  • 「よいケア」とは何か-来るべき「ふつうのケア」の実現のために
  • 介護労働市場と介護保険事業に従事する介護職の実態
  • 感情労働としてのケアワーク
  • ケアする性-ケア労働をめぐるジェンダー規範
  • ケアワークにおけるストレス
  • 縛り放題!閉じ込め放題!あぁ懲りない国ニッポン
  • 老い衰えゆくことをめぐる人びとの実践とその歴史-私たちが自らを守らんがために現れてしまう皮肉かつ危うい事態について
  • ウソつきは認知症ケアのはじまり、なのか?
  • 認知症を生きる人たち
  • コミュニティ・ケア-幻想と現実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアその思想と実践
著作者等 上野 千鶴子
副田 義也
大沢 真理
大熊 由紀子
神野 直彦
書名ヨミ ケア ソノ シソウ ト ジッセン
書名別名 ケアすること
巻冊次 2 (ケアすること)
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.5
ページ数 253, 3p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-028122-5
NCID BA85718644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21441905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想