変貌する民主主義

森政稔 著

かつて民主主義は、新しい社会の希望であり、人間の生き方を問う理想であったが、いまや、それも色あせ、陳腐なお題目と化している。しかしそれは、単に現実が堕落したためではない。その背後には、民主主義を支える思想が、社会の深層で大きく変化したという事情があるのだ。本書では、デモクラシーのありようを劇的に変容させた現代の諸問題を、「自由主義」「多数者と少数者」「ナショナリズムとポピュリズム」「主体性のゆらぎ」といった論点から大胆にとらえ返す。複雑な共存のルールへと変貌する姿を鋭く解き明かす試みだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代世界と民主主義
  • 第1章 自由主義と民主主義
  • 第2章 多数と差異と民主主義
  • 第3章 ナショナリズム、ポピュリズムと民主主義
  • 第4章 誰による、誰のための民主主義?
  • 補論 アメリカの政治理論における民主主義論の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変貌する民主主義
著作者等 森 政稔
書名ヨミ ヘンボウスル ミンシュ シュギ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.5
ページ数 267p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06424-0
NCID BA85716219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21488092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想