読者の台頭と文学者 : イギリス一八世紀から一九世紀へ

清水一嘉, 小林英美 編

18世紀文学を支えたペイトロンの退場以後のロマン派文学における読書界を彩る人間模様や、イギリス近代出版の市場形成の過程を、具体的な文学現象を掘り起こしながら明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 作者あるいは出版者の孤独と不安(出版者の問題
  • 作者の問題)
  • 第2章 新聞における「読者」-『モーニング・ポスト』を中心に
  • 第3章 イングランドの出版者と読者が果たした役割-国民小説『奔放なアイルランド娘』の誕生をめぐって
  • 第4章 読者と作家と出版者の共生-ジョアンナ・ベイリーの予約購読出版

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読者の台頭と文学者 : イギリス一八世紀から一九世紀へ
著作者等 園田 暁子
小林 英美
清水 一嘉
鈴木 美津子
書名ヨミ ドクシャ ノ タイトウ ト ブンガクシャ : イギリス ジュウハッセイキ カラ ジュウクセイキ エ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.4
ページ数 197, 17p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1331-9
NCID BA85700580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21489838
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想