恋愛の社会学 : 「遊び」とロマンティック・ラブの変容

谷本奈穂 著

「彼氏いないのなら何をしに学校にきてるの?って感じ」-雑誌やテレビ、マンガのなかの恋にふれ、学校やバイト先、職場で恋する相手を探し、2人で愛を楽しもうとする若者たち。現代の恋愛事情を、雑誌記事やアンケート調査をもとに、人間関係、魅力ある異性像、アプローチの仕方、別れの理由などの視点から読み解く。そこから見えてくるのは、恋愛が曖昧さや不確定性を味わう「遊び」の感覚を内包していること=恋愛の遊戯化である。それと同時に、結婚や別れの決断を先送りし、曖昧な関係性を享受して2人の世界に自閉する恋愛の実相も垣間見えてくる。恋愛=結婚という規範を支えたロマンティック・ラブ・イデオロギーが変容し、むしろ結婚が恋愛的なるものに従属している状況をも照らし出し、恋愛とそれを追求する欲望の臨界点を見定める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 恋愛の社会的物語-テーマと方法論
  • 第1章 恋愛の死と再生-恋愛物語の転回
  • 第2章 ロマンティック・ラブ-永遠を誓う真面目な恋愛
  • 第3章 遊び-生の未決定性を快楽にする形式
  • 第4章 魅力ある異性
  • 第5章 アプローチ
  • 第6章 別れの理由
  • 終章 恋愛という遊び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋愛の社会学 : 「遊び」とロマンティック・ラブの変容
著作者等 谷本 奈穂
書名ヨミ レンアイ ノ シャカイガク : アソビ ト ロマンティック ラブ ノ ヘンヨウ
書名別名 Ren'ai no shakaigaku
シリーズ名 青弓社ライブラリー 52
出版元 青弓社
刊行年月 2008.4
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3284-7
NCID BA85691821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21423647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想