米国特許法 : 判例による米国特許法の解説

山下弘綱 編著

米国特許法の基本。特許法が"何故、そういう制度"なのかという観点から、制度の内容はもちろん、制度の根本をなす原則、考え方を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 米国の法制度と特許法
  • 主な特許関係の訴訟の流れ
  • 米国特許法の基本的考え
  • 発明の特許性
  • 明細書の記載要件
  • 特許商標庁とのやりとり
  • 出願に際しての不衡平な行為(情報開示義務違反等)
  • 特許後の手続き
  • 特許商標庁の行なった手続きに対する訴え
  • 所有権と譲渡
  • 特許侵害
  • 特許侵害に対する抗弁(特許権の不行使)
  • 特許侵害に対する救済、その他
  • 権利の消尽
  • 特許法と州法との関係
  • ライセンス
  • CAFCの裁判管轄権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米国特許法 : 判例による米国特許法の解説
著作者等 山下 弘綱
書名ヨミ ベイコク トッキョホウ : ハンレイ ニ ヨル ベイコク トッキョホウ ノ カイセツ
書名別名 Beikoku tokkyoho
シリーズ名 知的財産実務シリーズ
現代産業選書
出版元 経済産業調査会
刊行年月 2008.3
ページ数 651p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8065-2803-6
NCID BA85691592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21409904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想