図解薬理学 : 病態生理から考える薬の効くメカニズムと治療戦略

越前宏俊 著

[目次]

  • 薬効の個人差
  • 薬物のバイオアベイラビリティ
  • 薬物相互作用
  • 痛み(鎮痛薬)
  • 炎症(副腎皮質ステロイド薬)
  • 中毒
  • 感染症(化学療法における薬物投与計画
  • 中枢神経感染症
  • 中耳炎、歯性感染症、上・下気道感染症、尿路感染症
  • 細菌性心内膜炎、消化管感染症、性行為感染症
  • 抗生物質の作用機序:蛋白合成阻害薬、核酸合成阻害薬
  • 抗生物質の作用機序:細胞壁合成阻害薬
  • 真菌感染症
  • ウイルス感染症)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解薬理学 : 病態生理から考える薬の効くメカニズムと治療戦略
著作者等 越前 宏俊
書名ヨミ ズカイ ヤクリガク : ビョウタイ セイリ カラ カンガエル クスリ ノ キク メカニズム ト チリョウ センリャク
出版元 医学書院
刊行年月 2008.4
版表示 第2版.
ページ数 231p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-00451-0
NCID BA85690975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21442849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想