スペイン紀行

テオフィル・ゴーチエ 著 ; 桑原隆行 訳

ロマン主義的"スペイン神話"に導かれて旅した青年ゴーチエが見たものは…。1840年、5か月にわたって旅したスペインの生活や風俗・習慣、建築や絵画・彫刻、芝居や女性の服装、さらには動物や昆虫の生態までを軽やかでユーモラスな文体で綴った紀行文学の古典。訳者による解説「夢の旅」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • パリからボルドーへ
  • バイヨンヌ
  • 人身密輸入
  • 従者と猟銃を持つ男たち
  • イルン、小さな乞食たち
  • アスティガルラガ
  • ベルガラ
  • ビトリア、民族舞踊とフランス人の怪力男
  • パンコルボ渡航
  • 驢馬とグレーハウンド犬〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペイン紀行
著作者等 Gautier, Théophile
桑原 隆行
Gautier Th'eophile
ゴーチエ テオフィル
書名ヨミ スペイン キコウ
書名別名 Voyage en Espagne
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 885
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2008.4
ページ数 453p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00885-6
NCID BA85673295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21512226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想