日本流行歌変遷史 : 歌謡曲の誕生からJ・ポップの時代へ

菊池清麿 著

大正時代に誕生し、傑出した作詞家・作曲家・歌手が総力を挙げてつくりあげてきた歌謡曲の世界が、戦後、プレスリー、ボブ・ディラン、ビートルズの衝撃を受けて消滅し、J・ポップが成立した。新星・安室奈美恵、宇多田ヒカルに至る流行歌の波乱に満ちた軌跡を実証的に追った決定版・日本流行歌史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歌謡曲が美しかった時代(歌謡曲の誕生
  • SPレコード歌謡の隆盛-各社のヒット競争 ほか)
  • 2 「リンゴの唄」からロカビリー旋風へ(廃墟からの歌声
  • 戦後歌謡界の始動 ほか)
  • 3 ビートルズ来日-ポップスの時代(日本のポップス
  • 一九七〇年代・フォークと歌謡曲の多極化 ほか)
  • 4 J・ポップの成立(日本の新しい洋楽
  • 歌謡曲の終焉 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本流行歌変遷史 : 歌謡曲の誕生からJ・ポップの時代へ
著作者等 菊池 清麿
書名ヨミ ニホン リュウコウカ ヘンセンシ : カヨウキョク ノ タンジョウ カラ J ポップ ノ ジダイ エ
書名別名 Nihon ryukoka hensenshi
出版元 論創社
刊行年月 2008.4
ページ数 358p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-0464-4
NCID BA85665694
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21412161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想