死の儀法

近藤功行, 小松和彦 編著

移り行く風俗、死生観の切っ先。"死の根源"から"環境に優しい葬法"までを総覧する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 遺制から見る死生観(与論島おける家と死生観
  • 与論島の墓地を通して見る死生観
  • 招魂儀礼から見る漢族の死生観
  • シャーマニズムと死生観
  • 白い着物に見る死生観)
  • 第2部 葬送儀礼の変遷(与論島の葬法
  • 沖縄における死の現在-火葬の普及・葬儀社の利用・僧侶への依頼
  • 中国漢族の葬法
  • 日本の葬法と沖縄・与論の死生観
  • 過程としての葬儀とその効率化
  • 葬法の物質科学)
  • 第3部 現代日本の死生観(与論島の自宅死亡
  • 在宅死の減少・病院死
  • 人口高齢化の諸側面
  • 心理学から見る死生観-その変化と機能
  • 生死のかたち-「日本人の死生観」と生命倫理
  • 「在宅」と「外在化」-人と家
  • 医師-患者関係における死生観の個別性
  • 生と死から考える保健
  • 葬法の新たなる試み)
  • 第4部 与論の情景が問うもの(与論を起点とする死生観研究の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の儀法
著作者等 小松 和彦
近藤 功行
書名ヨミ シ ノ ギホウ : ザイタクシ ニ ミル ソウ ノ レイセツ シセイカン
書名別名 在宅死に見る葬の礼節・死生観
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.3
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05160-1
NCID BA85664159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21410801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「在宅」と「外在化」 : 人と家 小島摩文
シャーマニズムと死生観 塩月亮子
与論島の墓地を通して見る死生観 近藤 功行
中国漢族の葬法 蔡文高
人口高齢化の諸側面 高坂宏一
医師--患者関係における死生観の個別性 : 家族の存在について 木ノ上高章
在宅死の減少・病院死 柳修平
心理学から見る死生観 : その変化と機能 安保英勇
心身不調時の対処行動に見る死生観 : 秋田県北部における巫者と地域住民の諸相 安保英勇
招魂儀礼から見る漢族の死生観 : 死の場所と霊魂観・祖先観の考察を中心に 蔡文高
日本の葬法と沖縄・与論の死生観 近藤 功行
沖縄における死の現在 : 火葬の普及・葬儀社の利用・僧侶への依頼 塩月亮子
生と死から考える保健 柳修平
生死のかたち : 「日本人の死生観」と生命倫理 大林雅之
白い着物に見る死生観 松村薫子
第1部:遺制から見る死生観: 与論島における家と死生観 町健次郎
第2部:葬送儀礼の変遷: 与論島の葬法 町健次郎
第3部:現代日本の死生観: 与論島の自宅死亡 近藤 功行
第4部:与論の情景が問うもの: 与論を起点とする死生観研究の課題 近藤 功行
葬法の新たなる試み 寺澤昇久
葬法の物質科学 寺澤昇久
過程としての葬儀とその効率化 : 空間の移動の検討を通して 山田慎也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想