クジラを追って半世紀

大隅清治 著

クジラは自然科学的にも、社会科学的にも、世界中から大きな関心が寄せられている存在である。半世紀余にわたる鯨類資源の調査・研究とIWC等での国際対応を通じて、クジラとヒトとの共生について学んできた。その経験を記し、クジラの魅力を人々に伝えたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間、その可塑的な存在
  • クジラ研究の「トキワ荘」時代
  • クジラの過去帳
  • 泳いでいるクジラを始めて見る
  • 最初と最後の捕鯨母船乗船調査
  • 捕らえられた「白鯨」の後裔
  • クジラの処女懐胎?
  • 鯨類の年齢査定国際競争に参加する
  • 私のマッコウクジラ研究
  • セミクジラの特別捕獲調査〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クジラを追って半世紀
著作者等 大隅 清治
書名ヨミ クジラ オ オッテ ハンセイキ : シン ホゲイ ジダイ エ ノ テイゲン
書名別名 新捕鯨時代への提言
出版元 成山堂書店
刊行年月 2008.4
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-425-88421-6
NCID BA85662073
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21428462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想