神経内科医の文学診断

岩田誠 著

脳と神経の第一人者が三十作品を診る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アンドレ・ブルトン『ナジャ』-クロード教授とババンスキー
  • 谷崎潤一郎『鍵』-足底反射と挙睾筋反射
  • マルセル・プルースト『失われた時を求めて』-瞳孔反応
  • ウィリアム・アイリッシュ『じっと見ている目』-閉じ込め症候群
  • 松本清張『或る「小倉日記」伝』-脳性麻痺
  • 森鴎外『澀江抽齋』-脳卒中
  • ナサニエル・ホーソーン『七破風の屋敷』-ランデュ=オスラー=ウェーバー症候群
  • アーサー・L.・コピット『ウィングス』-失語症
  • ベルンハルト・シュリンク『朗読者』-読み書きの神経機構
  • ルイス・キャロル『鏡の国のアリス』-失名辞〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経内科医の文学診断
著作者等 岩田 誠
書名ヨミ シンケイ ナイカイ ノ ブンガク シンダン
出版元 白水社
刊行年月 2008.4
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-03180-3
NCID BA85660293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21413672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想