質的調査法を学ぶ人のために

北澤毅, 古賀正義 編

エスノメソドロジーと社会構築主義をベースに、インタビュー、エスノグラフィー、会話分析、言説研究などの思考法と技法を解説。日常に埋め込まれている社会の構造を読み解く力を磨く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 質的調査の目的と方法(質的調査の四半世紀-「質対量」論争を越えて、ポストモダンな時代へ
  • 質的調査の思考法
  • 質的調査技法と質的データの特質)
  • 第2部 質的調査の応用と展開(社会的相互行為の記述について-形式構造の標本化を中心に
  • 会話分析とは何か-会話をデータ化するということ
  • 臨床エスノメソドロジーの可能性-アクチュアリティの演劇的表象へ向けて ほか)
  • 第3部 質的調査の論争点(質対量論争は終わっていない-正統派フィールドワーカーの調査論から学ぶ
  • 質的調査が求めるものは何か-脱心理学的リサーチャーの調査観から学ぶ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 質的調査法を学ぶ人のために
著作者等 佐藤 郁哉
北沢 毅
古賀 正義
小野 奈生子
清矢 良崇
片桐 隆嗣
秋葉 昌樹
稲葉 浩一
茂呂 雄二
間山 広朗
阿部 耕也
高橋 靖幸
鶴田 真紀
書名ヨミ シツテキ チョウサホウ オ マナブ ヒト ノ タメニ
書名別名 Shitsuteki chosaho o manabu hito no tameni
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.5
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1333-3
NCID BA8565509X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想