金融化の災い : みんなのための経済の話

大槻久志 著

サブプライム問題など難しそうな経済の話が、基礎的なところから手に取るように分かる、ちまたの経済本とは、一味も二味も違う解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 景気は誰にとってのものか?
  • 変質した資本主義経済
  • 貨幣の話
  • 銀行と決済機構
  • 金融市場と金融政策
  • 長期金融と証券
  • 株式会社
  • お金が要らなくなった
  • しかし、お金は余ってきた
  • 金融投機
  • 銀行も危ないものに手を出した
  • 証券化で広がった災厄
  • 世界経済と日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融化の災い : みんなのための経済の話
著作者等 大槻 久志
書名ヨミ キンユウカ ノ ワザワイ : ミンナ ノ タメノ ケイザイ ノ ハナシ
出版元 新日本出版社
刊行年月 2008.4
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-406-05132-3
NCID BA85653888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21417200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想