サブプライム問題の正しい考え方

倉橋透, 小林正宏 著

世界金融を不安定化させているサブプライム問題。銀行、証券会社などが巨額の損失を計上し、動揺が広がっている。アメリカ経済の減速が明らかになるなか、円高や、原油・原材料の高騰が追い打ちをかけ、日本の経済にも不気味な影が落ち始めた。アメリカの住宅ローンの仕組みに遡って、この問題の根源を洗い出し、影響を拡散させたと言われる「証券化」に関しては、明快な分析を試みた。日本は何を教訓として汲むべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サブプライム問題とその余波(アメリカ実体経済への影響
  • 日本への飛び火
  • 跳梁する投機資金
  • 銀行経営への影響)
  • 第2章 焦げ付いたサブプライムローン(アメリカの住宅金融
  • サブプライムローンの仕組みと拡大の原因
  • 逆転し始めた歯車)
  • 第3章 国際金融市場への波及(金融機関の損失・破綻の初期症状
  • 証券化と格付けの問題
  • ヨーロッパへの飛び火と短期金融市場の混乱
  • アメリカ政策当局の対応と景気の減速)
  • 第4章 日本の住宅金融システムへの示唆(日本の住宅金融の歴史
  • 望ましい住宅金融システムのあり方)
  • 第5章 今後の見通しと日本の課題(サブプライムローン不良債権化の今後
  • アメリカ経済の先行きと日本
  • 日本がしておくべきこと
  • コンパクト・シティと代替エネルギー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サブプライム問題の正しい考え方
著作者等 倉橋 透
小林 正宏
書名ヨミ サブプライム モンダイ ノ タダシイ カンガエカタ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.11
版表示 3版.
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101941-7
NCID BA85644264
BA8630920X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21670576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想