日本企業の知的資本マネジメント

内田恭彦, ヨーラン・ルース 著

本書は、日本型経営の本質についての基本的な考え方を提示し、その上で日本型経営の特徴である各企業で開発・蓄積された見えざる資産といわれる知的資本を日本型経営に合わせ、どのようにマネジメントしていけばよいか、具体的方法を提示したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • これからの日本型経営を考えるにあたって
  • 第1部 知的資本から見た日本型経営(2つの経営スタイル-戦略合理と資産合理
  • 企業による価値創出のメカニズム-差異の創出
  • 価値創出のための組織のあり方-組織化
  • 企業と人の関係-関係性)
  • 第2部 知的資本マネジメントの進め方(知的資本マネジメントの基本概念
  • 既存の知的資本の明確化と評価
  • 現在の事業を描く
  • 今後の解決策を描く
  • 策定プランの推進
  • 資産合理経営と知的資本マネジメント)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業の知的資本マネジメント
著作者等 Roos, Göran
内田 恭彦
Roos G¨oran
ルース ヨーラン
書名ヨミ ニホン キギョウ ノ チテキ シホン マネジメント
書名別名 Intellectual capital management for Japanese firms
出版元 中央経済社
刊行年月 2008.4
ページ数 241p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-39860-5
NCID BA85633290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21402380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想