多言語・多文化社会へのまなざし : 新しい共生への視点と教育

赤司英一郎, 荻野文隆, 松岡榮志 編

[目次]

  • 第1部 世界の多様性(世界はひつの多様な家族
  • 宗教が結ぶ日本と台湾
  • アジアの美意識と化した儒教文化と韓国 ほか)
  • 第2部 多言語・多文化社会の歴史と現在(中世スペインの聖職者のイスラーム観-コルドバのエウロギウスの場合
  • グスタフ・クリムトとエゴン・シーレのあいだ-ハプスブルク帝国の崩壊期における他者
  • フランスと欧州統合-「多様化における統一」プロセスの中で ほか)
  • 第3部 学校のなかの多文化状況(日本国内における外国人児童生徒教育の現状と課題
  • オルティンドーと江差追分-音楽を通した他者理解の可能性と方法
  • 多文化社会アメリカにおける「平等保護」のためのアプローチ-多文化教育の「コンプリヘンシブ」概念でみるハワイの教育改革 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多言語・多文化社会へのまなざし : 新しい共生への視点と教育
著作者等 松岡 栄志
荻野 文隆
赤司 英一郎
松岡 榮志
書名ヨミ タゲンゴ タブンカ シャカイ エ ノ マナザシ : アタラシイ キョウセイ エ ノ シテン ト キョウイク
書名別名 Tagengo tabunka shakai e no manazashi
出版元 白帝社
刊行年月 2008.3
ページ数 307p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89174-917-0
NCID BA85632822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想