野口流授業の作法

野口芳宏 著

発表のさせ方、説明の仕方…どうしていますか?授業実践を中心に、教室での基本的な心構えから、準備と宿題、通知表に対する考え方まで。心得ておきたい、名人に学ぶ教師が児童に対する姿勢。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 授業以前の基礎作法(言葉遣い-自分と子どもの間に確固たる「線」を引く
  • 身なり-「個性の教育」は無用。個性は教師が育てるものではない ほか)
  • 第1章 授業準備の作法(実践に埋没しない-時間をつくる。ゆとりをつくる
  • 指導案をつくる-自分が感動しなければ始まらない ほか)
  • 第2章 授業実践の作法(聞かせる-具体的でわかりやすい問題提示が基本
  • 自覚させる-手本を明確に示す。到達点をわからせる ほか)
  • 第3章 授業発展の作法(宿題を出す-自ら学ぶ習慣を身につけさせる
  • 作文を書かせる-書くことは最高の思考トレーニング ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野口流授業の作法
著作者等 野口 芳宏
書名ヨミ ノグチリュウ ジュギョウ ノ サホウ
書名別名 Noguchiryu jugyo no saho
出版元 学陽書房
刊行年月 2008.4
ページ数 130p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-313-65188-3
NCID BA85621735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21514727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想