食卓から地球環境がみえる : 食と農の持続可能性

湯本貴和 編

アメリカが旱魃になれば日本人は飢え死にする!?だれにとっても身近な「食」をとおして地球環境問題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間にとってのおいしさ
  • 第2章 日本列島に住む人々は何を食べてきたか
  • 第3章 日本の食卓はいま
  • 第4章 「食」の現状-人類史上の位置
  • 第5章 農業・漁業の持続可能性を問う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食卓から地球環境がみえる : 食と農の持続可能性
著作者等 湯本 貴和
書名ヨミ ショクタク カラ チキュウ カンキョウ ガ ミエル : ショク ト ノウ ノ ジゾク カノウセイ
シリーズ名 地球研叢書
出版元 昭和堂
刊行年月 2008.3
ページ数 157p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8122-0813-7
NCID BA85613985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21413615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想