ソウル-ベルリン玉突き書簡 : 境界線上の対話

徐京植, 多和田葉子 著

ソウルとベルリンをまたぐ「ことばの玉突き台」へ、ようこそ。在日朝鮮人二世の作家として、離散者の視点から国家、歴史、社会、文化、芸術を鋭く眼差し、著作活動を行なってきた徐氏。一方、日本語という母語のみならずドイツ語でも詩や小説を次々と発表して高い評価を得ている多和田氏。ここに往復書簡の形で実現したコラボレーションには、誰にとっても無関係ではない本質的な問題を二人ならどう考え、料理するのか、資質もスタイルも異なる両氏の思考と感性が息づいている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1信 家
  • 第2信 名前
  • 第3信 旅
  • 第4信 遊び
  • 第5信 光
  • 第6信 声
  • 第7信 翻訳
  • 第8信 殉教
  • 第9信 故郷
  • 第10信 動物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソウル-ベルリン玉突き書簡 : 境界線上の対話
著作者等 多和田 葉子
徐 京植
書名ヨミ ソウル - ベルリン タマツキ ショカン : キョウカイセンジョウ ノ タイワ
書名別名 Soru - berurin tamatsuki shokan
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.4
ページ数 187p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-023718-5
NCID BA85612610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21428963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想