哲学の歴史  第12巻(20世紀 3)

内山勝利, 小林道夫, 中川純男, 松永澄夫 編

"主体"の真理/審理。ドイツ観念論にも匹敵する巨大な思想のうねり、20世紀後半のフランスに現出。西洋哲学の全体像を描き出す日本初のシリーズ、本篇完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論-モダンとポストモダン
  • 1 ベルクソン
  • 2 反省哲学
  • 3 マルセル
  • 4 サルトル
  • 5 構造主義
  • 6 メルロ=ポンティ
  • 7 レヴィナス
  • 8 リクール
  • 9 アンリ
  • 10 フーコー
  • 11 ドゥルーズ
  • 12 デリダ
  • 13 ヴュイユマン/グランジェ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の歴史
著作者等 中川 純男
内山 勝利
小林 道夫
鷲田 清一
書名ヨミ テツガク ノ レキシ
書名別名 実存・構造・他者 : モダンとポストモダン

Histoire de la philosophie

Tetsugaku no rekishi
巻冊次 第12巻(20世紀 3)
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.4
ページ数 830p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-403529-2
NCID BA85605295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21436584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想