反貧困 : 「すべり台社会」からの脱出

湯浅誠 著

うっかり足をすべらせたら、すぐさまどん底の生活にまで転げ落ちてしまう。今の日本は、「すべり台社会」になっているのではないか。そんな社会にはノーを言おう。合言葉は「反貧困」だ。貧困問題の現場で活動する著者が、貧困を自己責任とする風潮を批判し、誰もが人間らしく生きることのできる「強い社会」へ向けて、課題と希望を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 貧困問題の現場から(ある夫婦の暮らし
  • すべり台社会・日本
  • 貧困は自己責任なのか)
  • 第2部 「反貧困」の現場から(「すべり台社会」に歯止めを
  • つながり始めた「反貧困」)
  • 強い社会をめざして-反貧困のネットワークを

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反貧困 : 「すべり台社会」からの脱出
著作者等 湯浅 誠
書名ヨミ ハンヒンコン : スベリダイ シャカイ カラ ノ ダッシュツ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.4
ページ数 224, 2p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431124-9
NCID BA85599909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21426665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想