金融権力 : グローバル経済とリスク・ビジネス

本山美彦 著

世界経済をゆるがしたサブプライムローン問題は、「カネこそが商品」となった現在の投機的金融システムの危機と限界を明らかにした。ブレトンウッズ体制の崩壊にさかのぼり、金融が本来の役割を離れて「リスク転売ビジネス」の性格を深めていった過程を具体的にたどる。金融に秩序を取り戻すために何をすべきかを真摯に問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 サブプライムローン問題が示したもの-金融システムの危機
  • 第2章 金融の変質-「金融技術」の仕組み
  • 第3章 リスク・テイキングの理論-シカゴ学派の論客たち
  • 第4章 新金融時代の設計者たち-ミルトン・フリードマンを中心に
  • 第5章 リスク・ビジネスのはてに-脆弱な金融
  • 第6章 金融権力に抗するために-新たな秩序への道筋

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融権力 : グローバル経済とリスク・ビジネス
著作者等 本山 美彦
書名ヨミ キンユウ ケンリョク : グローバル ケイザイ ト リスク ビジネス
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.4
ページ数 220, 22p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431123-2
NCID BA85597619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21426661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想