稲作渡来民 : 「日本人」成立の謎に迫る

池橋宏 著

米を主食とする「われわれ」のルーツはどこか。長江下流→山東半島→朝鮮南西部→北九州。舟を操り稲作とともに漁撈を生業とする「越」系の人びとにその鍵はある。イネ学に加え、考古学・言語学の最新の成果を渉猟し、「日本人」成立の過程を総合的に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 弥生文化はどこから来たか
  • 第2章 朝鮮半島の稲作渡来民
  • 第3章 稲作渡来民の舟と航海
  • 第4章 稲作渡来民はどこに定着したか
  • 第5章 日本人の中の渡来民
  • 第6章 渡来民によって日本語はどう変わったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 稲作渡来民 : 「日本人」成立の謎に迫る
著作者等 池橋 宏
書名ヨミ イナサク トライミン : ニホンジン セイリツ ノ ナゾ ニ セマル
書名別名 Inasaku toraimin
シリーズ名 講談社選書メチエ 411
出版元 講談社
刊行年月 2008.4
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258411-1
NCID BA85596423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21415096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想