面白いほどよくわかるギリシャ哲学 : ソクラテス、プラトン、アリストテレス…現代に生き続ける古典哲学入門

左近司祥子, 小島和男 共著

[目次]

  • 第1章 古代ギリシャで誕生した「哲学」
  • 第2章 哲学者たちは頑固者の一派だった
  • 第3章 「言葉」で「証明」をした哲学者たちの「知」
  • 第4章 ギリシャ哲学と「生々流転」
  • 第5章 古代ギリシャの「神・死・幸福」
  • 第6章 哲学者たちが今日も無事に生きている理由
  • 第7章 哲学者に国家は必要か?
  • 第8章 「肩幅広しクン」と呼ばれたプラトン
  • 第9章 ギリシャ哲学関連の用語解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 面白いほどよくわかるギリシャ哲学 : ソクラテス、プラトン、アリストテレス…現代に生き続ける古典哲学入門
著作者等 小島 和男
左近司 祥子
書名ヨミ オモシロイ ホド ヨク ワカル ギリシャ テツガク : ソクラテス プラトン アリストテレス ゲンダイ ニ イキツズケル コテン テツガク ニュウモン
書名別名 Omoshiroi hodo yoku wakaru girisha tetsugaku
シリーズ名 学校で教えない教科書
出版元 日本文芸社
刊行年月 2008.3
ページ数 333p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-537-25570-6
NCID BA85591554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21403987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想