経済開発論 : 研究と実践のフロンティア

高橋基樹, 福井清一 編

"途上国"という言葉でひとくくりにできない多様な要素をもつ開発途上国の開発や貧困を、経済・社会・政治・法といった多面的な次元から認識する経済開発論の学部向けテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経済開発の概観:成長・貧困・構造変化
  • 第1部 開発研究の基礎(経済成長の理論と現実
  • 経済開発と格差
  • 開発のマクロ経済学
  • 開発と援助)
  • 第2部 開発と産業・貿易(開発と農業
  • 産業化と経済開発
  • 経済開発と貿易
  • 環境と貿易
  • 開発と金融システム
  • 産業開発と法制度整備)
  • 第3部 開発の新しい政策課題(貧困削減政策の概観
  • 開発・貧困と社会調査
  • 環境・資源保全と開発
  • 教育と開発
  • 保健医療と開発
  • 障害と開発)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済開発論 : 研究と実践のフロンティア
著作者等 福井 清一
高橋 基樹
書名ヨミ ケイザイ カイハツロン : ケンキュウ ト ジッセン ノ フロンティア
書名別名 Theories and policies in economic development

Keizai kaihatsuron
シリーズ名 Keiso text selection
勁草テキスト・セレクション
出版元 勁草書房
刊行年月 2008.4
ページ数 382p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-50307-0
NCID BA85590369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21416288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想