芝生の復讐

リチャード・ブローティガン 著 ; 藤本和子 訳

雨に濡れそぼつ子ども時代の記憶と、カリフォルニアの陽光。その明暗のはざまに浮かびあがる、メランコリアの王国。密造酒をつくる堂々たち祖母、燃やされる梨の木、哀しい迷子の仔犬、ネグリジェを着た熊、失われた恋と墓のようなコーヒー、西瓜を食べる美しい娘たち…。囁きながら流れてゆく清冽な小川のような62の物語。『アメリカの鱒釣り』の作家が遺したもっとも美しい短篇集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芝生の復讐
著作者等 Brautigan, Richard
藤本 和子
ブローティガン リチャード
書名ヨミ シバフ ノ フクシュウ
書名別名 Revenge of the lawn

Shibafu no fukushu
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2008.4
ページ数 265p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-214703-0
NCID BA8558669X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21395499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1/3 1/3 1/3
44/40
『アメリカの鱒釣り』から失われた二章-「レンブラント・クリーク」と「カーセイジ川の凹地」
ある娘の思い出
いまいましい四月
きみのことを話していたのさ
きれいなオフィス
こみいった銀行問題
ずっと昔、人々はアメリカに住むと決めた
たがいを知ること
みずから選びし旗じるし
やぶいちごモータリスト
アトランティスバーグ
アーネスト・ヘミングウェイのタイピスト
エルマイラ
オレゴン小史
カリフォルニアの宗教・小史
カリフォルニアは招く
カリフォルニア一九六四年において高名であること
カリフォルニア一九六四年の文学生活
カリフォルニア現代生活に関する短篇
グレイハウンド・バスの悲劇
コーヒー
サン・フランシスコYMCA讃歌
サン・フランシスコの天気
シンガポールの高い建物
スカルラッティが仇となり
ソローのゴム輪
タコマの亡霊の子供ら
デンヴァーのハロウィーン
ドイツおよび日本両国全史
ドイツの休日
一九三九年のある午後のこと
一六九二年版コットン・マザー・ニュース映画
万聖節の宵祭は船でゆく海原
九月のカリフォルニア
伍長
冬の絨毯
天の鳥たち
太平洋のラジオ火事のこと
完璧にカリフォルニア的な日のこと
年寄りバス
庭はなぜ要るのか
星条旗うつし絵
朝がきて、女たちは服を着る
東オレゴンの郵便局
正しい時刻
気のふれた老婆たちが、今日のアメリカのバスに乗っている
無限の三五ミリ・フィルム
犬の塔からの眺め
相棒
砂の城
競売
第一次世界大戦ロサンジェルス航空機
糸くず
習作・カリフォルニアの花
芝生の復讐
装甲車
裏切られた王国
許してあげよう
談話番組
青白い大理石の映画
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想