他者の帝国 : インカはいかにして「帝国」となったか

関雄二, 染田秀藤 編

"帝国"と名付けたのは誰か。インカ「帝国」像の生成過程、実態研究との交渉、そして流用の様態を解体、人類学的「帝国」分析の一例を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インカ帝国像の研究
  • 第1部 帝国の誕生と歴史的状況(「帝国」と名づけた人びと-「インカ帝国」概念の形成と展開
  • 十六世紀イベリア半島における「ローマ帝国」と「神聖ローマ帝国」
  • クロニスタにみる「インカ帝国」言説と「ローマ理念」
  • ペルーの自画像形成とインカ帝国-ペルー考古学の立場から)
  • 第2部 実態解明としてのインカ再考(『インカ史総説』とインカ「帝国」像-インカの王位継承にみられる儀礼を中心に
  • インカ帝国時代の市場-クロニカ資料による
  • 共同体とその外部-中央アンデスにおける社会経済システムの「分節=接合」
  • インカ帝国成立モデルの再検討
  • クスコ地方におけるインカ考古学研究
  • インカの太陽神殿コリカンチャ-首都クスコとビルカバンバの景観をめぐって)
  • 第3部 インカをめぐる表象と実践の世界(インカへの欲望-植民地主義と表象の歴史的関連をめぐって
  • インカ表象の創出と所有-植民地アンデスにおけるイメージの政治
  • インカ表象と間テクスト性-歴史、記憶、イデオロギー
  • ペルー製インカたちのあとで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他者の帝国 : インカはいかにして「帝国」となったか
著作者等 染田 秀藤
関 雄二
書名ヨミ タシャ ノ テイコク : インカ ワ イカニシテ テイコク ト ナッタカ
出版元 世界思想社
刊行年月 2008.3
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1325-8
NCID BA85585198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21488995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想