戦争の読みかた : グローバル・テロと帝国の時代に

加藤朗 著

9.11は何をもたらし、何を告げたのか?ネグリとハート、カルドーらの議論を整理し、変貌する紛争の系譜をたどる。そのとき明らかになるポスト近代の世界システムとは?衰退する国民国家体制に代わる「人間の安全保障」の可能性をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 変容する戦争と世界
  • 第1部 「新しい戦争」とは何か(「新しい戦争」とは何か
  • 「新しい戦争」の新しさとは何か)
  • 第2部 「新しい戦争」は世界を変えたか(近代的世界観の破綻-「場」の変化
  • RMAと「新しい世界」-手段の変化)
  • 第3部 「新しい世界」とは何か(「新しい世界」の政治
  • 「新しい世界」の安全保障)
  • 新たな課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争の読みかた : グローバル・テロと帝国の時代に
著作者等 加藤 朗
書名ヨミ センソウ ノ ヨミカタ : グローバル テロ ト テイコク ノ ジダイ ニ
書名別名 Senso no yomikata
出版元 春風社
刊行年月 2008.3
ページ数 272, 18p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86110-144-1
NCID BA8558499X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21405828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想